イラストでわかる 障害馬術の基本 [82321]

イラストでわかる 障害馬術の基本 [82321]

販売価格: 2,800円(税別)

(税込価格: 3,080円)

数量:
本場イギリスで人気のライディングテキストシリーズの中から、障害馬術と馬の問題行動についてピックアップ。原書では3巻に渡って書かれていたものを、日本語版では一冊に集約。初心者からベテランまで、障害馬術を楽しむすべてのライダーに贈る一冊。

【本書のポイント】
◆障害馬術の基礎テクニック、練習方法、競技会で発生するトラブル、馬の問題行動の対処法などを、豊富なイラストと簡潔な文章でわかりやすく解説。
◆障害馬術をこれからはじめる方はもちろん、競技会に出場している経験者のスキルアップにも活用できる。
◆ホースクリニシャンの宮田朋典氏とオリンピックの総合馬術競技に2回出場の土屋毅明氏による監訳。

目次
第1章 障害馬術と飛越のテクニック

はじめに
馬具・服装
馬の飛越テクニック
ライダーの姿勢
日々のフラットワーク
障害トレーニング
コースの下見
障害へのアプローチ
段違いオクサー
正オクサー
三段横木障害
垂直障害
スタイル障害
バーが交差するオクサー
ダブル障害とコンビネーション障害
連続障害
練習馬場でのウォーミングアップ
障害物の落下
拒止
若馬の競技会デビュー
最後に

第2章 障害馬術で起こる問題とその解決

はじめに
競技馬場に入らない
怯える/驚く
第1障害での拒止
障害に突進する
障害前後の回転における問題
障害前で歩幅を詰めすぎてしまう
障害前で歩幅を詰められない
大きく膨らむ飛越
シカ飛び
扁平な飛越
障害をまっすぐ飛べない
コンビネーション障害で近すぎる着地をする
コンビネーション障害で歩幅を詰められない
障害から逃避する
抑えられない/引っ張る
障害を飛ぶ自信がない
水濠および乾濠障害の問題
常に同じ手前で着地する
走行タイムが遅い
最後に

第3章 問題行動とその対処

はじめに
騎乗(上馬)を嫌がる
後肢を蹴り上げる(尻跳ねする)
立ち上がる
何かに驚く
突然走り出す/暴走する
膠着する
頭(鼻)を突き上げる
障害飛越を嫌がる
ジョギングする
頭を上下に振る  
過剰に興奮しやすい
口が硬い
ライダーに無関心/集中しない
寝転ぶ
まとめ

著:JANE WALLACE、PERRY WOOD
監訳:土屋毅明、宮田朋典

B5判 72ページ オールカラー

緑書房